欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中

2019年01月15日

稀勢の里 怪我

横綱・稀勢の里の連敗が報道されていますが、そもそも不調の原因になった怪我が、やっぱり大きかったのかなと。

稀勢の里は生来は左利きなのだそうで、得意は左四つ。
優勝した場所に日馬富士との取り組みで土俵から落ちて大けがしたのは、この左だったので、不安はあったのですが、やはり的中。

完治前に無理しても出場して途中休場が続いたのもいたかったかも。
でも、稀勢の里が入門した鳴戸親方は、病院からでも出場すべきといった厳しい方だったようで、これが体にしみついていたのかも。
今は完治していると思うんですが、勝負勘がもどっていない感じです。
稀勢の里は、横綱になるまで小結を10場所もやるなど浮き沈みが多かったので、不調には強いと思います。

なんとか自分の相撲を取り戻してほしいなあ、と思います。


posted by プリン at 23:33| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。